2018年6月16日土曜日

別府における「アート」と「美術」

 別府は、アートで町おこしをしています。
 けれども、ここでいう、「アート」とは、ひとつのかたまりではないのです。
 それについて今回はお話しましょう。

 この「アート」は、現代アート、主に若手の作家たちを育成する、または他県から呼び寄せるものです。清島アパートというアーティストレジデンスが下町エリアに存在し、若者たちや、ちょっとしたアウトサイダー的な人々が集まるコミュニティを形成しています。
 バイトで生計を立てるもの、派遣社員として過ごすもの、非常勤職員として活動している、いわゆる社会的に言えば弱者が集まっています。
 彼らが、県、または市といった自治体の力を背景に、若いパワーを見せているのが、別府における「アート」なのです。

 しかし、ここで厄介なことが起こります。「アート」は、主に移住者たち、大分県出身ではない人たちにより運営されています。
 これに対抗するもう一つの「美術」があるのです。
 それは、長い間別府を拠点に活動してきた、別府出身の画家、写真家、彫刻家、陶芸家たちで構成される団体です。
 彼らは、地の利を生かして、市議会議員や、大病院の院長など、主に高齢の、地元の有力者たちと協力しながら、人脈と豊富な資金源を背景に活動しています。
 そして、この「美術」系の人たちと、「アート」系の人たちは、基本的に交わり合うことはないのです。

 「アート」系の人たちが、参加費無料でパーティーを企画したとしても、集まってくる人数は大したことがないのに、「美術」系の人たちが、参加費7000円のパーティーを企画すると、いわゆる別府の大御所、実力者と呼ばれる人たちが駆けつけてくるのです。

 私自身、前者の、「アート」系のコミュニティに属していて、この格差を目の当たりにしています。
 広げてみれば、世代間の格差でもある、この二つの「アート」系と「美術」系の人たちが果たして交わる機会がこれからあるのか。
 期待を込めて、注目しています。
 そして私自身、二つの架け橋になるよう活動していく所存です。

2018年5月12日土曜日

情報を伝えることの難しさ、そして画の強さ

 書肆ゲンシシャには、去年別府で行われた「湯~園地」計画の、完成予想鳥瞰図があります。
 別府在住の画家である勝正光さんが描いたもので、その原画を購入し、展示しています。
 その絵を訪問されたお客様にお見せすると、
①この絵は見たことがあるものの何の絵かわからなかった、
②「湯~園地」は知っているものの別府で開催されていたことを知らなかった、
③「湯~園地」は知っていて別府で開催されていたことも知っているものの期間限定のイベントであることを知らなかった、
 と、この三パターンに分けられるのです。
 正確に、去年の7月末に別府で開催された「湯~園地」の完成予想鳥瞰図であることを言い当てることができた方はごくわずかでした。
 あれほどNHKをはじめ、全国放送のテレビ各局、ネット配信ニュースなど各種メディアで宣伝されたにもかかわらず、です。

 私はSNSを使っていて、かねてより情報を伝えることの難しさを感じています。
 ゲンシシャは別府市青山町にありますが、「青山」だけを切り取って、表参道にあるものと勘違いされた方や、別府が大分県ではなく大阪府にあると思われた方、いや、これは極端な例であるものの、定休日の存在など、周知させるのにかなりの労力を使っています。

 情報があふれる現代社会において、正確に記述していたとしても、正確に伝わるとは限らない、むしろ正しく伝達するというのは希望的観測に過ぎないことを、情報発信者は肝に銘じるべきです。

 「湯~園地」の話に戻ります。
 確かに、「湯~園地」計画について、正確な情報は伝わっていないけれども、この勝正光画伯が描いた絵に関しては、「見たことがある」と回答された方がほとんどなのです。
 文字を通した情報は伝わならなくても、画像は記憶に留めておけるのです。
 かねてより私が主張している「画の強さ」を補強する体験です。
 「画」には、言語の壁を越えて、より多くの人の心に影響を与える「強さ」があるのです。
 ゲンシシャが別府にあると知らない方だって、ゲンシシャがあげた画像は見たことがあるはずです。
 インスタグラムの普及を言うまでもなく、「画」の時代が訪れています。
 「画」を主軸にした情報の拡散。フェイスブックやツイッターも画像が添付された投稿が拡散されやすいことはすでに実証されています。
 ならば、その「画」の力をどう使っていくか。そこにこれからの時代を生き抜く秘訣があるはずです。

2018年4月9日月曜日

リュウゴクが誘う別府のディープスポット巡り

 春になり、暖かい日々が続きます。
 別府は、地下を断層が通っており、将来的には別府を軸にして、九州が南北に分かれるとも言われています。また、温泉や地熱は、そこに住む人々に生命力を与えてくれるとも。
 そんな別府には、ディープスポットがいくつもあります。
 知られざる、けれども、どこも好事家にはたまらない場所です。
 どうぞ、ゲンシシャと共にお楽しみくださいませ。

ビジネスホテルはやし
 別府駅を降りて海側に建つビジネスホテル。言わずと知れた心霊スポットです。七階建てで、最上階に温泉があるのですが、五階は天井が崩れて水が滴り落ち、ベッドが立てかけてあったり、おまけに薄暗いので見た目の恐ろしさでは群を抜きます。二階には謎めいた隔離された部屋があります。フロントの方に尋ねてみると、「私もバイトなのでホテルのことはよくわかりません…」と言葉を濁され、なんとも怪しい。ただ、前の所有者がこのホテルに住んでおり、色々秘密の部屋があるとのこと。探してみれば奥が深い。シングル一泊3500円。二人で7000円です。私は泊まろうと試みたものの冷や汗が止まらず逃げました。

ホテル・キャッスル
 「湯~園地」で有名になったラクテンチの近くにある廃墟ホテル。ここも有名な心霊スポットです。全国から見物客が訪れたため、立ち入り禁止になっています。

野田隧道
 別府八湯の中でも、静かで、人が疎らなため穴場になっている柴石温泉の近くにあるトンネルです。現在でも使われているトンネルのすぐ隣りにあります。草が生い茂っており、侵入するのは難しそうです。霊感が強いA氏によると、別府の中でも最も強い霊が棲み着いているとのこと。責任はとれません。

天満神社の奥の祠
 別府では桜の名所と知られる境川のほとりに、天満神社があります。正月に参拝する方も多い、地元で愛されている神社です。その奥に、大きな岩を祀っている謎の祠があります。訪問してみると、足元にはカマキリの死体が転がっており、虫でしょうか、黒い物体が周りを飛び回って離れません。なにか邪気を感じる、魔の物が棲む場所です。

霊泉寺
 かつてその奥に八幡地獄と呼ばれる、件や鵺、河童の剥製を展示していた怪物館をそなえた地獄がありました。今は公園になっているのですが、その手前には霊泉寺と呼ばれる広大な寺があります。地蔵がいくつも並び、館内には地獄絵図が飾られているなど、ただならぬ気配を感じさせます。塩がお供えされている瓶や、錆びた本堂、そして、ひっそりと残っている鶴見地獄の高温が訪れる者たちを惑わせます。

西別府橋のかかし
 別府の山側、扇山と南立石の間にある境川にかかる橋の、南立石側に、釣りをしている二体のかかしがあります。遠目に見ると、本物の人間と見紛うほどの、リアルなかかしです。隣の公園には、ドラえもんなどキャラクターを象ったかかしがあり、一種異様な雰囲気を醸し出しています。

尺間神社
 別府の南側にある神社です。山の上にあり、黄色く塗られた鳥居をくぐった後、百段ほどの階段を上りきったところに本堂があります。パワースポットとのことですが、体力があるときしかおすすめできません。上りきったときの達成感はあります。大分県内には佐伯市にも同名の神社が存在します。

貴船城
 白蛇のホルマリン漬けが参拝者を出迎えてくれます。個人で所有されている城で、同じ方が山地獄も経営されています。見晴らしがいい高台にあり、人気の観光スポットです。

八幡朝見神社
 別府の初詣といった朝見神社です。大変人気がある神社ですが、正月以外は人も疎らです。表参道には、盃とひょうたんの形をした石があり、この二つを踏むと良いことが起きるとされています。有名なパワースポットです。

黒岩教会
 山奥にある教会で、奥に滝をそなえています。地震の際に上から落ちてきた大岩をせき止めたことから、パワースポットとして知られています。滝に打たれると幸運に導かれるかも知れません。

八幡竈門神社
 別府の北側、亀川にある神社です。鬼が一夜で造ったとする伝説が残る石段があります。亀を祀っている珍しい神社です。

迫の銭井戸
 別府の南側にある、金が湧いてくるとされるおめでたい井戸です。その昔、別府には金鉱があって、金を産出していたといいます。金を期限を決めて拾い、借りることが出来るとされていますが、もし無断で持ち去ったり、返さなかったりすると天罰が下るという、やや恐ろしい言い伝えがあります。

みねや旅館
 昔、別府が栄えていた頃、旅館として経営されていた骨董屋です。現在は息子さん、と言ってももう90歳以上ですが、が継がれて骨董屋をされています。珍品がなんと500円均一(一部除く)で購入できる財布にやさしいお店です。今では店主が入院中につき、更にその息子さんが運営されているとのこと。仮面などが飾られており、フォトジェニックな外観です。

酒井理容店
 海に漂着した流木を拾っては、仮面を作り続けている店主が経営している理髪店です。なんと購入することもできます。県外から噂を聞きつけた観光客が訪れるのだとか。表の、仮面がぐるぐる回っている看板は面白いです。アウトサイダー・アートという言葉では表現しきれない孤高の芸術家です。

別府ブルーバード劇場の地下
 別府唯一の映画館「別府ブルーバード劇場」は、東京から1ヶ月(時に2ヶ月)遅れて新作を発表する、地元の人々に愛される場所です。なんと他の映画館と同じ値段で、実質貸し切りで映画を観ることができます。過去の名作を特集上映したり、新しい試みも続けています。そんな映画館の地下には、有名な心霊スポットがあります。アートイベント「混浴温泉世界」でも使われましたが、実際に霊の姿を見た人も大勢います。現在はシャッターが降りており、立ち入りが制限されていますので、ご注意ください。

番外編
鬼神社
 別府のお隣、西大分にある神様の代わりに鬼を祀っている神社です。鬼の仮面が境内に並んでおり、鬼の顔を描いた可愛らしいお守りを購入することができます。駅などが近くになく、少し奥まった場所にあるので交通手段にご注意を。奥にも祠がありますが、雨の日に行くと足を滑らせて落ちてしまう可能性があるので慎重に行きましょう。

 後日、書き足していく所存です。お楽しみに。

2018年3月30日金曜日

別府で古本屋を経営していて~買取編

 古本屋にとって、何より大事なのが在庫の管理です。
 在庫が尽きたとき、古本屋は閉店を余儀なくされます。
 一方で、古本屋を経営していく中で、問題になるのが、逆に在庫が増えすぎた場合の処理の仕方です。古本屋を経営していて、名前が知られていくと、買取希望のお客様が必然的に増えていきます。
 たとえば、ゲンシシャの場合。
 幻想文学や、純文学、漫画、哲学書、美術書、古写真、絵葉書を扱っているのですが、そもそも別府に古本屋の数が少ないとあって、専門以外の本が持ち込まれる場合が多々あります。
 お年寄りの方が、農業や漁業の専門書を買い取ってくれないか、と突然店に現れることもしょっちゅうです。
 査定はもちろんいたします。けれども、「日本の古本屋」や「オークファン」などでおよそ値が付いていないものがほとんどで、残念ですが、当店では買い取れません、とお引取り願うことになります。
 けれども、買取依頼のお客様は、当然、大きな重い荷物を持ってこられたわけですから、タダでいいから引き取ってくれ! といって帰られるのです。
 おそらくこうした本はブックオフでも買取を断られたのでしょう。定価一万円以上で購入された本が、どこの古本屋でも買い取ってもらえず、捨てられていくしかない姿を見るのは、本好きとしては、なんとも寂しいものがあります。
 タダで見放されていく本たち。それらをいかにして供養しようか。

 一方で、美術書や幻想文学といった関係の本については、大分ではなく、東京などの大都市で仕入れることになります。大分県内で出張買取に行った際に本棚を見させていただきますが、幻想文学などまずなくて、司馬遼太郎や東野圭吾の文庫本が高く積まれていることがほとんどです。
 その中からゲンシシャで売れそうな本を見つけていく作業、楽しくもあり、切なくもあります。
 そもそも大分では、ジュンク堂書店や紀伊國屋書店ですら、いわゆる売れ筋の本しか置いていなくて、当店で扱っているような本はアマゾンで購入せざるを得ないのです。住民の年齢層が高い大分では、そもそもネット通販という概念自体が根付いておらず、そうした本があるということを知り得る人間自体が本当に少ないのです。

 けれども、だからこそ、ゲンシシャが存在する意義があるのだと、考えています。
 ゲンシシャはバンド・デシネやアメコミも扱っています。これらは大分県内ではゲンシシャでしかじっくり読むことができません。有名作家の直筆原稿なども、都会の文学館に行かなければ見られない代物です。
 マイノリティの、マイノリティによる、マイノリティのための古書店。それがゲンシシャです。

2018年3月10日土曜日

別府市の概況

 今回は、別府市役所などが発表しているデータをもとに、ゲンシシャが位置する別府市について、今一度俯瞰してみます。
 実際に別府市で生活する上でのデータを記しておきます。

 最初に、別府市民はいかなる場所で働いているのか。
 別府市のデータによると、最も多いのが、飲食業。次に、宿泊業、小売業ときて、医療系、建設業の順番になっています。
  観光都市・別府では、飲食とホテルで生計を立てている人が多く、また土産物の売店で働いている方たちが多くなっています。
 また、別府は湯治が盛んな町であり、病院が多く、医療関係者が多いことも特徴です。
 農業や漁業を営んでいる方はほとんど居なくて、サービス業が大多数を占めています。

 次に、別府市民の平均年収は、210万円。
 大分県内では、平均年収350万円の津久見市や中津市より少なく、国東市に次いで二番目の低さです。

  別府市の人口は、大分県内で減少する数が最も大きく、高齢者の死亡者数、転出者数ともに高い水準で推移しています。今は12万人いますが、2040年には10万人前後まで減少することが見込まれています。

 別府大学と立命館アジア太平洋大学があるおかげで、20代の人口が多くなっているのが特徴です。一方で、10代、30代などは日本の平均より少なくなっており、60代以上の人口が多くなっています。また、両大学の影響で、外国人の居住者数も多くなっています。ですが、近年では減少傾向にあるようです。特に、中国、韓国系の方が多く暮らしています。

 生活保護者の割合は、大分県内で最も多く、生活保護費の負担などで他の自治体より住民税は多く取られるようになっています。先日、パチンコをしている生活保護者を別府市が取り締まったことが大きな問題になりましたが、その裏には市民の不満がありました。

 1ヶ月の観光客数は70万人ほどで、日帰り客が70%を占めており、残りの方が宿泊されていきます。大分県外では、福岡県から来られる方が多くなっています。

 今回はデータをもとに書いたので、いささか単調になりましたが、整理するためにも書き留めておきます。

2018年3月5日月曜日

別府の人はどこにいる?

 ある一日の書肆ゲンシシャの来客数は20人。うち17人が別府市外の人でした。
 のこりは大分市や、福岡、大阪、東京の方たちでした。
 ゲンシシャが抱えている悩みがこの「別府市外のお客様が多い」という事実なのです。ところで、他の団体や店に聞いてみても、同じような答えが返ってきます。
 たとえば、別府市内で行われていたアートイベント「混浴温泉世界」では、来場者の半数以上が県外の方で、別府市内の方は殆どいらっしゃいませんでした。
 今でも開催している「混浴温泉世界」の縮小版「ベップ・アート・マンス」でも、やはり半分以上が別府市外の方です。
 あくまで私の実体験としてですが、別府市に住まわれている方より、大分市に住んでいる方のほうが、こうしたアートイベントのことを知っているのです。
 これらのアートイベントは別府の「町おこし」のために行われていますが、別府市民とは異なる軸で実施されているのです。
 また、ゲンシシャでは、読書会や朗読会、芸術祭などを定期的に開催しているのですが、こちらの参加者も大分市の方の割合が多くなっています。

 単純に大分市のほうが人口が多いから、大分市や県外の来場者が多いのだろう、ともよく言われますが、せっかく別府でやっているのに、別府市民を巻き込めないのも、なんだかもどかしいものがあります。

 別府は観光地なので、飲食店も別府市民を相手にしたものより観光客を相手にしたほうが儲かります。なぜなら別府市民の平均年収は250万円ほどで、所得が他所の人のほうが多いから、さらに、別府市民は高齢者と生活保護者の割合が大きく、若者や裕福な人が少ない、となんとも悲しい理由があります。

 私の親戚が別府に住んでいますが、生活で精一杯で、休日はファミレスやスーパーで済ます、という、いわゆるマイルドヤンキー型の過ごし方をしています。また地元の若者に娯楽を聞いて見ると、パチンコやゲームセンターと答える人が圧倒的なのです。
 そもそもそのような土地で、「アートの町」別府を実現しようとする町おこしの人々は、いわゆる意識高い系として、別府市民から浮いた存在になっているのが現状なのです。
 去年の別府市長が主導して開催した「湯~園地」ですら、そもそも入園料が高く別府市民は払えなかったため、県外のお客がほとんどでした。別府市民はボランティアとして、アシスタントを務めるかわりに無料で園内に入場したのです。

 そうした地元との乖離がなんとももどかしい。別府市美術館や図書館に関しても、立派なものに建て替えようとする別府市側と、そもそも税金の無駄だから廃止にしてしまえという別府市民側の意見が対立しているのです。

 いかにして別府市民を巻き込むか、というのは長年の課題でした。いまだ結論は出ていないですが、私自身、別府市に住む人間のひとりとして、まずは周りの人々に呼びかけています。

2018年2月5日月曜日

ゲンシシャが扱う物

 書肆ゲンシシャでは色々なものを扱っています。
 古写真、絵葉書、古書、新聞、骨董品、そうしたものはある一定の基準のもとに集められているのです。
 今回は、書肆ゲンシシャで扱う物の基準について記します。

 書肆ゲンシシャで扱う物、それは海外でも通用するもの、です。
 今はグローバルな世の中になり、ネットなどを通して、国と国の境目、言語の境界すらもなくなろうとしています。
 そんな中、書肆ゲンシシャは世界で通用するものを蒐集し、陳列しています。
 たとえば、芸者、舞妓、相撲、津波、緊縛、切腹、神風、宝塚、漫画など、海外でローマ字表記にしても通じるものを扱っています。(Geisha,Maiko,Sumo,Tsunami,Kinbaku,Seppuku,Kamikaze,Takarazuka,Manga)
 そうしたものを扱うことで、日本の文化を分かりやすく世界に発信していく拠点にしていきたいのです。
 別府は、スーパーグローバル大学である立命館アジア太平洋大学(APU)があり、外国人が街を行き交う特異な場所です。温泉を求めてやってくる観光客も、中国、韓国をはじめ、外国の方がとても多い。
 そこで、日本の魅力を、柔軟に、幅広く伝えていく必要性を感じました。
 そして、芸者や舞妓などの写真を扱うことで、写真は言語の壁を越えて、人々に美的価値を見出すものですから、より多くの人に情報を発信していくことができるわけです。
 現に、ゲンシシャが展開するSNSのフォロワーは、分析によると、すでに10%の方が外国人です。

 次に、逆に、日本では未だ知られていない海外の文化を日本に紹介する場所としてもゲンシシャは機能します。例えば、死後写真(Post-mortem photography)は、海外のWikipediaには項目があり、私のヨーロッパの友人も自宅にごく普通に保管していたり、キリスト教文化圏では割りとメジャーなものなのです。
 涙つぼ(Lachrymatory)も海外には一定数のコレクターが存在し、市場が成立しているのです。
 そうした日本国内では知られていない海外の文化を輸入し、幅広く発信していく場所としてもゲンシシャは機能しています。

 別府は、もともと温泉地として国際交流を推進してきた都市であり、磯崎新が設計したグローバルタワーもあります。
 そうした街で、グローバルに展開する場所を設立し、情報を発信していくため、ゲンシシャがあります。