2019年8月6日火曜日

あいちトリエンナーレ2019から危惧されるこれからの問題

 あいちトリエンナーレ2019の中の「表現の不自由展」における少女像の展示について、開幕と同時にネットで炎上しています。
 少女像や、昭和天皇の写真を焼く作品が、そもそもアートと呼べるものなのか。
 津田大介氏本人の思想的背景。
 テロ予告による中止か、批判を受けての中止か。
 そうした議論についてはひとまず措きます。

 今回述べる問題は、税金を支出して開催される芸術祭における「表現の自由」のあり方についてです。
 税金を支出するかたちで、芸術祭が、これはアートプロジェクトと呼ばれたり、地域アートと呼ばれたりするものですが、全国各地で開催されています。
 このことについて、そもそも税金をアートに拠出する是非に加え、公の団体が関わるアートイベントにおいて、表現の自由が担保されないのではないかという議論は今までも繰り返されてきました。

アートと地方の危険な関係〜「アートフェス」はいつまで続くのか?

 公的機関が絡む以上、そこに選ばれるアーティストも、そもそも恣意的に選ばれた、行政にとって都合の良い芸術家たちで占められる可能性があり、かつ、税金を支出している以上、芸術祭を開催する土地にとってメリット(経済効果etc)がある展示にしなければならないのではないか。
  となると、行政の思惑がかなり介入してくることによって、自由な表現ができなくなるのではないか、と危惧する声がこれまでもあがっていました。

 今回の「表現の不自由展」の炎上により、一層、自由な表現というものが萎縮する、 温和で、当たり障りのないアートが地方の芸術祭でますます顕著になるのではないか。
 あるいは、この騒動に目をつけたアーティストが、逆に、テロ的に、政治を絡めた過激な展示をしかけてくるのではないか。

 これがこの先の芸術祭のあり方について危惧される展開です。
 実際、明治神宮外苑のアートイベント「東京デザインウィーク2016」で火災が起きてから、各地の芸術祭でも、事故に気を配るよう、保険に入るよう義務付けられました。
 画廊や美術館が少ない地方においては、芸術祭が作品を発表する機会として重宝されてきました。
 その芸術祭のあり方自体、これから問われていくことになるでしょう。

2019年7月22日月曜日

安達澄議員の誕生

 今回は、昨日開票作業が行われた参議院選挙、大分選挙区について書いていきます。
 結果は、国民民主党など野党が統一候補として推薦した安達澄さんが当選しました。

 相手の自由民主党候補、礒崎陽輔氏は初代国家安全保障担当内閣総理大臣補佐官を任された人物で、参議院議員を二期務めた実力者ですが、東大法学部から官僚、政治家と経歴に裏打ちされたエリート意識まるだしの上から目線の発言で大分県内での評判は芳しくありませんでした。2015年に大分市内で講演した際にも安保法案について「法的安定性は関係ない」 と発言し、激しく炎上、たびたび問題発言を繰り返してきました。

 対して、安達澄さんは、2015年の別府市長選で、現職の長野恭紘氏に敗れており、その時を評して市民は「顔はいいけど取り巻きがわるい」との話でした。
 今回の選挙についても、序盤に大分県内にて「別府市長選にも敗れた安達氏を国会議員にしてもいいのか」とする出所が不明のビラがまかれ、これからどうなるかと不安視されていました。安達陣営はこの件についてむしろ知名度があがって良かったと述べています。
 安達さんの父親は別府市内の高校教師、その時の生徒たちが中心となって別府市内で応援を呼びかけていました。
 情勢はというと、段々と安達さんが磯崎氏を追いかけ、もう少しで追いつきそうだというのが下馬評でした。立憲民主党の枝野代表らが応援にかけつけたものの、演説会場には立憲民主党の衆議院議員、横光克彦氏と、安達さんの奥さんがいるだけで、安達さん本人はそうした間にもコツコツと町中をまわっていました。

 開票当日は、大分市内と別府の一部で土砂災害の警戒警報が出るなどして、前回の投票率を10%ほど下回り、すると組織票をもつ自民党の候補が当選するではないのか、というのが大勢の読みでした。
  開票速報でもわずかながら磯崎氏が優勢で、これはだめだと半ば諦めムードが漂っていました。
  しかし、開票所というのは、世論をもてあそぶのが好きです。開票速報において、大分市や別府市という都市部の発表を遅らせ、郡部の開票データをもとに磯崎優勢と伝えていたのです。これは選挙においてはよくあることで、接戦になった場合、終盤にひっくり返すことで人々を驚かせようという開票所の遊び心です。
 案の定、都市部で強い安達さんがみるみるうちに磯崎氏を追い上げ、 終盤に逆転し、当選確実が夜遅くに出ました。

 大分は村山富市首相を輩出した県であり、過去には大平正芳政権のときに副総裁にして次期首相とする構想もあった西村英一氏を落選させたという大きな番狂わせもみせています。
 九州の他の選挙区で自民党候補者たちが早々と当選確実をものにするなか、今回もまた大分が「やらかして」しまった。
 地方と現場を大事にするという安達議員の今後に期待が高まります。

2019年7月13日土曜日

関係性をめぐる二つの思想

 いま、現代アートの現場では、「関係性の美学」という言葉がたびたび取り上げられています。
 ニコラ・ブリオーというフランス出身のキュレーターが出した『Relational art』(1998年)がもとになり、新しいアートの形を模索する潮流が生まれています。
 現代美術家リクリット・ティラバーニャがかつてニューヨークの美術館「タイ料理を作って観客にふるまうこと」を作品として提示しました。そこでは、美術館という特別な場所で、料理という日常的なものを演出する、そうしてその差異を明らかにすることに加え、タイ料理を食べるうちに観客同士が歓談し、コミュニケーションをとることができた点が評価されました。
  すなわち、マルセル・デュシャンが便器を「泉」といってアートとして展示したときから、もはやアートは「美」を求めておらず、アートの定義は拡がり、コンセプチュアルなものになってきた。さらに、画家や写真家といった作家の特権性はもはや重視されず、集団の関係性が重視されるようになった。そういう流れが現代アートのなかに広まってきました。
 優れた技術を有する人物が、きれいな、技量が高いアートを作り出すのではなく、 むしろそのアートを作り出す過程で、多くの人々が参加し、コミュニケーションをとり、協働して作品を生み出すことが評価される、そんな評価軸が出てきたのです。
 それはすなわち地域アートプロジェクト(※地域の名前を冠する芸術祭) の土台にもなっています。アートを通して地域の住民とコミュニケーションをとり、友達の輪を広げていく、そうして心が豊かになって地域活性化がはかれる、そうした理論の礎になっているのです。

 それに反対するアーティストがまたいることも忘れてはなりません。
 彼らは画廊で作品を展示し、売ることを目的にしていますが、鑑賞者と交流を持つことには消極的で、はたから見ると孤高の存在にも見えます。
 そうした芸術家にとっては、地域アートはたいへん居心地がわるいものなのです。

 しかし、地域アートが、友達の輪を広げ、心を豊かにするという善意のもとに動いているので、 あまり交流を持ちたくないアーティストたちはますます嫌悪感を抱いてしまいます。

  地域アートが北川フラム(※「大地の芸術祭」や「瀬戸内国際芸術祭」に携わる地域アートの立役者)の思想に影響を受けていることも見逃せません。北川フラムは「資本主義の暴走」を食い止めることの重要性を提言しています。
 それに対して、地域アートを好まないアーティストは、売れるアーティストになる、すなわち資本主義の土壌の上に生活を成り立たせようと考えていることも、また二者の考え方のちがいに大きな溝をつくり出しています。
 地域アートがどのようにして動いているかと言うと、国や自治体からの補助金に頼り、売上を増やしたり儲けたりするという考え方とは距離をとった活動をしているのです。しかし、それに与しないアーティストは、コマーシャル・ギャラリーで商業的に成功することを望んでいるのです。

 これはもはや思想的な問題で、おそらく二者の考え方は永遠に交わらないでしょう。
 地域アートに親和性が高いアーティストと、そうでないアーティスト。
 後者は、「なんだ、地方で芸術祭をやって集落の人と仲良くなっただけじゃないか」と批判しますが、前者にとっては、「地域住民と仲良くする」ことをアートの重要な部分として認識しているので、そもそもの食い違いが生まれてしまうのです。
 どちらがよくて、どちらがわるいのか、そうした問題ではないところがまた根深い対立を生んでしまいます。
 このアートの捉え方のちがいに基づく対立は、しかし二者共にアートという一括りにされてしまうことでますます批判を生み出しています。
 いっそのこと二つを分かつ「新しいアート」の概念を生み出してはいかがでしょうか。

2019年7月2日火曜日

現代における少女の系譜

 幻想的なものに惹かれると同時に、少女性に惹かれる。
 幻想文学は、森茉莉、尾崎翠、矢川澄子、野溝七生子、倉橋由美子、吉屋信子、金井美恵子、津島佑子、女たちが紡ぎ出すものでもあるはずだ。そして、しばしば少女が重要な位置を占めている。
 今回は、現代における少女を描いた作品について、私の趣味を思う存分濃縮して取り上げてみる。

 現代をときめくファッションモデルのひとり、モトーラ世理奈に注目している。
 彼女を知ったのは、『装苑』でのこと。そばかすが特徴的なその姿に、一度見たら忘れられない強烈な印象をもった。
 彼女の存在をひときわ意識するようになったきっかけが、吉澤嘉代子『残ってる』のPVでのこと。
その朝帰りをする女性の可憐な、けれども凛とした姿に、撮影場所が以前の私の生活圏だった代々木公園駅であったこともあり、強く惹きつけられた。
 吉澤嘉代子は、「魔法少女」とでも呼ぼうか、不思議な歌ばかりつくっているシンガーソングライターで、 曲によってまるで印象が変わる、それでいて、ひとつの方向性を形作る個性のかたまりだ。この『残ってる』はあいみょんと一緒にNHKの『SONGS』などで売り出されていた時期の曲で、聞いたことがある人も多いだろう。
 その吉澤嘉代子の『女優』がまた小川紗良演じる主人公が、同性愛の感情をおぼえていると推測される女性の結婚に動揺する美しいPVとともに公開されている。
小川紗良は女優であるとともに、映画監督でもある。早稲田の映画研究会出身で、『聖なるもの』を監督した岩切一空の後輩である。彼女の『あさつゆ』がまた予告編からして魅力的なのだが、ソフト化されていないのがなんとも悲しいかぎりだ。『聖なるもの』と共にぜひ鑑賞したい作品だ。
吉澤嘉代子『女優』のPVに戻ると、こちらを監督したのが、あの『少女邂逅』で鮮烈なデビューを飾った枝優花だ。岩井俊二監督の『リリイシュシュのすべて』に影響されたそうだが、岩井監督という男性がつくり上げた少女の物語より、女性がつくり上げた少女の話ということで、より一層好感がもてる作品に仕上がっている。こちらはソフト化されているのでぜひ観てもらいたい。モトーラ世理奈と保紫萌香(現・穂志もえか)が主演を務めている。
そんな枝優花監督が、『少女邂逅』のアナザーストーリーとして作ったのが『放課後ソーダ日和』だ。クリームソーダを軸にした心温まる物語で、モトーラ世理奈と保紫萌香は初回に登場している。
昔ながらの純喫茶が舞台になることもあり、昭和レトロ感も満載で、就寝前などに観るのにちょうどいい。その主題歌を手がけているのが、羊文学。
スーパーカーとよく比較されるが、ファーストアルバムのタイトルが『若者たちへ』と、若者に向けた新しい感性をかんじさせる、なおかつそれまでの音楽の歴史を踏まえた作品づくりを展開している注目のバンドだ。新宿の街頭テレビで流れていたこともあり、東京ではかなり知られている存在なのだろう。

 こうした流れとは異なっているが、注目しているのが映像作家の吉開菜央だ。
NTTインターコミュニケーション・センターにおける黒塗りの件で思わぬ方向で有名になってしまった。それまでも米津玄師『Lemon』で踊るダンサーとしてだったり、作品とはちがう方面から取り上げられることが多く複雑な気持ちになる。少女というより、フェミニズム的な文脈で女性を前面に出しており、今の時代にふさわしい作家である。柴田聡子を起用して映画を撮っていたりするいま注目の存在だ。
NHKドラマ10『ミストレス』の主題歌をうたうNakamuraEmiのPVもたびたび手がけていて、やはり女性の心を歌い上げる内容とあいまって完成度の高い作品に仕上がっている。吉開監督自身が日本女子体育大学でダンスを学んでおり、身体という面から考察しても面白い作品だ。

 LGBTやBL、MeToo運動など様々な形で取り上げられる現代の女性。少女の表象といった面でどう変化が生じ、何が変わらないのか今後の動向に注目している。

2019年6月28日金曜日

幻想は都市のもの~本能のムラへ

 今回は、あまり整理できていない事柄について、思いのまま綴っていきます。
 
 在京時の私といえば、スパンアートギャラリーやパラボリカ・ビス、ヴァニラ画廊に通い、古書ドリスや羊頭書房にて古書をあさる、幻想を好む陰気で人付き合いが苦手な人間でした。時間があれば家にこもって、あるいは図書館で本をめくる時間こそが至福のときだったのです。

 別府に来て、変わりました。
 祭りのたびに温泉を周りの人々にぶっかけまくり、 とにかく騒ぐのがストレス解消方法、太鼓に花火に音が大きいものが好き。温泉に一緒に入って交友関係を深める。本を読んでいても家まで押しかけてきて表舞台に引きずり出されます。

 この差に、馴染めるかどうかがこの町に移住できるかどうかの分かれ目なのでしょう。
 私は、馴染みました。でも、それが少し怖くもある。
 インドア派で読書好きな人というのはあまり見かけず、キャンプに登山に外に出ようという圧力が、感じられます。
 アートという観点でもそうで、別府在住のアーティストは、みんなで誕生日を一緒に祝ったり、楽しくやることがいいことだとそういう考えで。それに対して、在京時に知り合ったアーティストはいつも難解な本を読んで眉間にシワを寄せていたのです。
 小説もそうです。明るい、ハッピーな話が好まれます。感動して、泣いた! 笑った! それが大事。
 本能に忠実な生き方が推奨される町。それが別府です。

 幻想的なものというのは、やはり都会に現れるものだと思います。東京や京都、大阪に幻想的なものを扱う書店やギャラリーは多い。それはやはり幻想的なものがいわゆるサブカルチャーに位置し、絶対的な人口数が多いほうが有利なこと、そしてそもそも歴史を紐解く上でロンドンなどの大都市で発展したこともあり、都市と相性がいいジャンルであると確信しています。
 それを別府の、本能で生きる町にどう落とし込むか、それはポルノ映画館なのか、消えゆく古民家なのか、土着の民間信仰なのか。
 ゲンシシャは「驚異の部屋」という美術館や博物館といった分類がなかった時代へ回帰することをコンセプトにしています。幻想に関しても、山尾悠子から、東雅夫、澁澤龍彦、江戸川乱歩、梅原北明、宮武外骨、どこまで行けるかわかりませんが、未分化の時代へと逆行させていくつもりです。幻想文学ももともと『エロエロ草紙』などを手がけたエログロナンセンスの旗手酒井潔にさかのぼれることに注意されたし。

 都市から地方へ。理性から本能へ。
 別府こそがエログロナンセンスの町です。

2019年6月1日土曜日

文化と食が手を結ぶ~食の大切さ

 大分駅前に「大分オーパ」が2019/6/1にオープンしました。
 「食のテーマパーク」を謳い、四階あるフロアのほとんどが飲食店、もしくは生鮮食品売り場という施設になりました。
  以前オーパがあった場所で運営された「フォーラス」には、ジュンク堂書店や、ゴスロリ系の衣料品店、タワーレコード、ヴィレッジヴァンガードなどが入居していました。そうした小売店を軒並み閉店させ、すべて食品関係の店になったのです。
 大分や別府でいろいろな業界を見てきましたが、今は本当に物が売れない時代です。本屋もブックカフェ、 画廊でも飲食店を兼ねているところが出てきて、食事を提供することの大切さを痛感します。
 イベントでも、アートイベントなど開催しても、芸術関係の集客はいまいち、ただ食品はあっという間に完売するという光景を何度も見てきました。
 私も旧来の神保町スタイルの硬派な古書店を愛してきましたが、地方都市においては、ことさら食事を提供しないとやっていけないと日に日に感じております。
 別府在住のアーティストの中でも、まず地域に溶け込もうとすると、軽食を出したり、カフェを開いたりする姿が多く見受けられます。「アートでまちおこし」の真髄は、アートをコミュニケーション・ツールと見て、地域住民と交流を図り、心を豊かにしていくことなのですが、いきなりハードなアートを披露してもなんだそれはと首を傾げられるばかりで、そうやって飲食を提供していかなければ共存は難しいというのが現状です。
 これからネット通販などの普及が進んでいく中で、ますます町を見渡せば飲食店ばかり、という傾向が強まっていきます。
 東京に出向いて、硬派な文化施設が多いことにびっくりしました。飲食に頼らずに経営できている(のかはわからないですが)施設が成り立つ、それこそが都会の条件といっても過言ではない、そんな気すらしてきます。
 大学も新しい食料品をプロデュースする時代です。別府大学では、大分の地産品を使って新商品を生み出し、存在をアピールしています。
 文化が文化だけでは立ち行かなくなる時代。食や住と手を結んで生き残りをかけていく動きがますます強まっていくでしょう。

2019年5月17日金曜日

令和の別府、そのはじまり

 平成最後の四月には、東京への出張トーク「オカマルト×ゲンシシャ~渋谷の夜~」と、第二回「別府大分藝術祭」開催と、二つの大きなイベントを実施しました。
 得たものはとても大きく、何より東京の現在を知り、GW中の別府の賑わいを体験したことは重要なことでした。

 さて、令和になり、別府では高級化が進んでいます。
 駅にシアトルズベストコーヒーが出来たのをはじめ、別府公園にスターバックス、既存のトキハ百貨店別府店内のスターバックスも増床するということで、秋のラグビーワールドカップに備えた動きが進んでいます。
 8月に開業するANAインターコンチネンタルホテルは最安でも6万円出さないと泊まれず、富裕層向けの施設、フィットネスクラブなどが次々にオープンしています。
 ここ半年で町中にカレー屋が相次いでオープンしたのですが、基本価格が1000円超えという強気の姿勢で、周りの飲食店もそれに合わせるように値上げを続けています。観光客に人気の天丼屋「とよ常」も場所を移転して、天丼の価格を上げてきました。

 別府では商業地の地価も上昇しています。
 東京で、オリンピックに向けての地下鉄の駅をはじめとする再開発を目の当たりにしましたが、その波がやっと別府にも来たようです。
 相次ぐ大型宿泊施設の建設ラッシュに、地元の人々は、果たしてラグビーワールドカップ以降はどうなるのだろうと半ば不安な目で見ています。
 別府の百貨店トキハ別府店も15億円をかけ、大規模な改装をおこない、海外からの観光客や高齢者向けに大衆演劇を催すとのこと。
 別府の主に駅前を中心に、大きな投資が続いています。
 それに合わせるかのように、別府市長選挙も無投票で長野恭紘氏が再選し、このままいけば別府の未来は順風満帆、とそんな気さえしてきます。
 これはバブルなのか、それとも継続する好景気なのか。
 東証株価が令和になって下落し、円高ドル安が続く中、注視していきたいものです。